【特集】行政庁資料から見えてくる公益・一般法人の実態2021

 本特集では、行政庁が例年公表する各資料の膨大なデータの中から、公益・一般法人にかかわりのある重要事項をピックアップして解説します。
 まず、令和元年版「公益法人の概況及び公益認定等委員会の活動報告」(内閣府)からは、制度改革に伴う公益法人の動向の変化を読み解き、続いて令和元年分の「民間給与実態統計調査」(国税庁)からは、女性の活躍促進、雇用の促進、賃上げの3 つの観点から、公益・一般法人の給与支給額の適正水準を検討します。最後は、「令和元事務年度 法人税等の調査事績」(国税庁)から、普通法人の調査結果と比較しながら、公益・一般法人の税務上の課題について考察します。
 コロナ禍で、これまでのデータが今後の指標にはならない部分もありますが、公益・一般法人の実態を理解するための参考としていただければ幸い
                           

この記事は有料会員限定です。

関連記事

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.