非営利用語集

正味財産

 資産から負債を差し引いた価額である。公益法人会計基準上、正味財産は、指定正味財産と一般正味財産の 2 つ(基金を設定した場合には 3 つ)に区分される。指定正味財産とは、資源提供者である主務官庁や寄付者等の意思により使途、処分または保有形態について制約が課されている財産の価額である。一般正味財産とは、使途の制約等が課されていない財産の価額であり、事業の運営による余剰等は一般正味財産に区分される。正味財産を使途の制約(拘束)の程度により分類し報告するという方法は、財務諸表利用者にとっての有用な情報には資源提供者の提供資源に対する拘束が密接にかかわっているとするアメリカの考え方に由来している。そこでは、非営利組織体の純資産を 2 つの相互に排他的な区分、すなわち拘束純資産と非拘束純資産に
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.