賃金・雇用の最近の動向

石川征郎
(中小企業診断士)


 最近話題の賃金や雇用の問題について、ポイントを教えて下さい。 今年は、久々に春闘が注目されました。デフレを脱却するために、賃金や雇用のあり方が大きなテーマになっています。

1 賃金

⑴ 定期昇給とベースアップ
 今年の春闘では、昇給が定期昇給だけではなく、ベースアップが行われるかどうか、注目されました。本来の定期昇給とベースアップの考え方は次のとおりです。
 まず定期昇給ですが、これは1年間の仕事の習熟による能力向上に対する報酬です。例えば、新入職員を2年間続けて採用し、同じ仕事を担当させた場合、1年前に入った職員は、その仕事に習熟して能力も高まり、新入職員より高い成果を出しているはずであり、同じ給与では意欲が削がれ、人材を育成することはできません。今、批
                           

トライアル会員登録でお読みいただけます。
無料トライアルよりご登録ください。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.