【特集②】
「固定資産の管理及び実地棚卸」と「現金の管理及び実査」のポイント

堀井淳史
(ほりい・あつし 公認会計士・税理士・行政書士)

固定資産の管理、実地棚卸はどのようにすればよいのか、また現金の管理や実査の方法、実査結果と帳簿残高が合わない場合はどう対応したらよいのだろうか。ここでは決算をスムーズに進めるために、またミスや横領を防ぐ手段として管理及び確認方法について解説する。

Ⅰ 事務局規模の縮小と業務効率化の必要性

 近年、「深刻な人手不足」という言葉が定着し、事務局職員を募集しても人が集まらないという状態が継続している。このような状況下においては、決算書類や税務書類、定期提出書類について少数の人数で効率的に作成することが重要な課題と言える。
 そこで、本稿では、固定資産と現金の管理に着目し、決算書類や税務書類、定期提出書類を効率的に作成するための日常業務における管理のポイントについて説明を
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.