【解説】平成30年版 公益法人白書を利用する

吉田忠彦
(よしだ・ただひこ 近畿大学教授)

まえがき

 平成30年版の『公益法人の概況及び公益認定等委員会の活動報告』が、令和元年12月13日に内閣府より発表された。一番最初に出た平成9 年版『公益法人白書』の頃から数えて22年目となり、また3 年前から少し体裁も変わったが、なお公益法人に関する基本資料であることに変わりはない。約10年前の公益法人改革のドタバタも一段落し、白書に掲載される情報にもそれほど目新しさは見られなくなっているが、それでもこの白書をチェックしておくべき点、利用できる点は多い。
 人によって関心が異なるので、それぞれの読み方があると思われるが、ここでは本誌の平均的な読者、あるいはどちらかといえばこれまであまり『公益法人白書』は見ていなかった人を想定しながら、今回の白
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.