【特集】理事会・社員総会・評議員会関連書類の“ツボ”〜議題・議案の書き方の基本とテクニック

伊藤文秀
(いとう・ふみひで 司法書士)

招集通知には最低限どのような議題(議案)を盛り込む必要があるのか、誰が議題(議案)を決めるのか、どこまで細かく書く必要があるのか―。ここでは新任担当者のために招集通知における議題及び議案の書き方の基本から応用まで記載例を交えて解説していく。

はじめに

 「議題」とは、会議にかけて討議する題目をいい、「議案」とは、会議において決議の対象となる具体的な提案内容をいう。例えば、定款の一部変更を行う場合、「定款の一部変更の件」というのが議題であり、「第〇条の『本法人の主たる事務所を東京都〇〇区に置く。』という規定を『本法人の主たる事務所を東京都△△区に置く。』に変更する。」というのが議案である。
 本稿では、社員総会、評議員会、理事会の招集手続、招集通知への議題及び議案の
                           

この記事は有料会員限定です。

関連記事

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.