【非営利組織の経営講座】第13回 非営利組織の特性(その9)

堀田和宏
(近畿大学名誉教授)

 第4章 非営利組織の行動 

はじめに 基本的問題

 第1章から第3章(本誌2020年8月合併号から2021年3月1日号)で、「非営利組織の目的」、「組織が受ける制約」、「組織が供給する財・サービスの性質」について、それぞれの特質を確認した。そこで次には、非営利組織は他のセクターの組織と区別されるどのような行動をするのか、その組織行動の特質を明らかにすることが求められる。
 非営利組織の行動に関する基本的な問題は、組織の属する制度形態(所有形態・法形態)が違えば組織の行動は異なるはずであるから、つまり、非営利組織の存在理由(創設理由)とそれが受ける保護/規制とが組織の行動を方向づけ、違った行動を採らせるから、非営利組織は他の諸形態―とくに営利企業―とは違った行
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.