【解説】Withコロナ時代におけるイベント事業の継続・中止・延期判断と対応

斉藤永幸
(さいとう・ながゆき 非営利組織ジャーナリスト)
  • CATEGORY
    • 時事解説・イベント実施判断
  •  対 象 
    • 公益法人・一般法人
目  次

はじめに

 2020年、各地で多くの感染者を出した「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症:以下、「コロナ」と省略)は、2019年12月に中国・武漢市で感染例が報告された後、すさまじい勢いで世界中に拡散し、感染者数は世界で1億600万人、死亡者数は231万人にも達しています(2021年2 月初旬現在)。日本国内でも、2 月7 日時点で40万1,256人の陽性者がでており、死亡者数も6,336人にも及んでいます。
 これに対し、2020年春には最初の緊急事態宣言が発令され、人々の行動は大きく制限されることになりました。それに伴い、各地で開催を予定していたイベントが延期・中止に追い込まれ、オリンピックという国際的な祭典も延期となったのです。緊
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.