【会計バカ一代】其之四十三 説得力のある言葉とは?!

古市雄一朗
(大原大学院大学准教授)

苦みもあり酸味もある?!

 最近、本連載のネタ収集に赴くのは、自宅の近くのコーヒーのお店だ。イケメンのマスターと素敵な奥さんで切り盛りされているお店で、焙煎したてのコーヒー豆の販売に加えて淹れたてのコーヒーを飲む事もできる。
 マスターによると、最近はコーヒーらしくないコーヒーが人気らしい。コーヒーらしくないコーヒーとは何なのか? 謎は深まるばかりだが、要するに苦みよりも酸味を感じやすいコーヒーの事らしい。一般的にコーヒーの味と言えば、苦みをイメージするだろうが、最近ではあえて苦みではなく酸味が強調されているコーヒーが人気で、それらのコーヒーはしばしばフルーティなコーヒーと表現される。
 この苦くないフルーティなコーヒーブームにはきっかけがあり、パナマ産の「ゲイシャ」とい
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.