【非営利組織の経営講座】
第33回 ▼ 第2部 非営利組織のガバナンス(その11)

堀田和宏
(近畿大学名誉教授)

 第4章 ノンプロフィット・セクターのガバナンス

4 非営利組織ガバナンスの焦点

⑴ 非営利組織ガバナンスの文脈
① 所有権者が不在である
 非営利組織ガバナンスは、(誰か、もしくは法により)信託された経営機関としてのガバニング・ボードが受託した「もの」や「こと」を「統轄」することを指す。そこでは、ガバニング・ボードがプリンシパルであり、管理を委ねた経営者を監視・監督する「決定統制」よりも、何よりも組織を自ら「決定管理」するためのリーダーシップが求められる。
 ただ、組織規模が拡大すれば、経営者に組織のリーダーシップが移転するので、ガバニング・ボードの組織リーダーシップは経営者の管理リーダーシップと共有されることになる。この場合、両者は協
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.