【解説】第4回公益法人会計検定試験2級出題分析

五百竹宏明
(いおたけ・ひろあき 北陸大学教授)
  • CATEGORY
    • 会計実務
  •  対象法人格 
    • 公益法人
  •  対象職位 
    • 管理職・職員
目  次

Ⅰ はじめに

 本稿は、本誌編集部の依頼により、2022年11月26日に全国公益法人協会主催で開催された第4回公益法人会計検定試験(2級)について解説するものである。問題及び筆者の見解による解答例は文章の終わりに示したので、適宜参照しながら読み進めていただきたい。
 なお、本稿における記述は、筆者の所属、当該試験委員会の見解とは一切関係ないことをあらかじめお断りしておく。

Ⅱ 【第1問】のポイント

問1 債券の保有目的区分と評価

 設問1は、満期保有目的の債券の評価に関する問題である。
 「公益法人会計基準注解(注9)」では、問題文に記されているように「満期保有目的の
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.