補助金を財源とするリース取引の会計処理と収支相償

【質問】 私は、公益財団法人の経理担当です。弊法人では什器備品について、リースをしています。当該リースは、ファイナンス・リース取引に該当し、リース期間は 5 年間です。元本返済額及び支払利息を含めたリース料は毎月同額で 5 年間にわたって支払います。毎年、リース料の支払額と同額の補助金が交付されます。
 当該リース取引及び補助金に関する会計処理について、ご教授ください。支払利息の各年度への配分を利息法による場合と定額法による場合の収支相償との関係についても教えてください。

【回答】

1 リース取引の会計処理

 リース取引は、ファイナンス・リース取引とオペレーティング・リース取引に分かれます。
 また、ファイナンス・リース取引のリース料は、原則として、支払利息とリース債務の
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.