【NEWS】内閣府、新制度初の是正命令

 2月14日、内閣府公益認定等委員会の答申に基づき、行政庁(内閣総理大臣)は公益財団法人日本プロスポーツ協会(会長:島村宜伸元文部大臣)に対し、是正命令を行った。同協会は2019年11月22日に是正勧告を受け(詳細は本誌2019年12月15日号参照)、2020年1月31日付けで行政庁に報告書を提出したが、行政庁は報告書を審査した結果、改善が認められないと判断したため、今回の命令に踏み切った。なお、内閣府の担当者によれば、勧告後に命令を行ったのは、2008年12月に公益法人制度改革関連3法が施行されて以来初めてとのこと。
 命令の概要は、公益法人として法の定める「公益目的事業を行うのに必要な(中略)技術的能力」を回復するため、①理事を牽制・監督するという評議員本来の役割を果たし得る評議員を、速やかに選任する
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.