【特集】本当は怖い⁈ 実務担当者が気を付けたい役員の『兼務』
役員が2以上の事業所に勤務する際の
社会保険の注意点

佐佐木由美子
(ささき・ゆみこ 社会保険労務士)

公益・一般法人において、複数の事業所に勤務する役員は少なくない。これら兼務役員の社会保険はどうなるのか。いずれかの法人で加入すればよいのか。また常勤でなければ関係ないのか―。2以上の事業所に勤務する役員の社会保険について注意点を解説する。

はじめに

 公益・一般法人において、他の法人と役員を兼務している方は少なくないだろう。しかし、適切に実務が行われていないことで、社会保険上で問題になり得ることもある。そこで、本稿では、役員が複数の事業所に勤務する場合の社会保険における注意点について確認したい。

Ⅰ 社会保険に関する誤解

 法人の理事、役員等における顔触れは任期に伴って入れ替わるものであろう。新たな役員を他の法人等から迎え入れる場合、他の法人での役
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.