【解説】内閣府公益法人会計研究会の「令和2 年度報告書」の解説

村山秀幸
(むらやま・ひでゆき 公認会計士・税理士)

はじめに

 令和3 年3 月19日、内閣府公益認定等委員会に設置されている「公益法人の会計に関する研究会」(以下、「公益法人会計研究会」という。)は、「令和2 年度公益法人の会計に関する諸課題の検討結果について」(以下、「2 年度報告書」という。)を公表した。
 2 年度報告書は、今年度の検討事項( 3 項目)のみで構成されている。これらの内容には、現行公益法人の会計処理を変更する項目や事柄はない。よって、公益法人の会計実務にとって、規範的・義務的な内容をほとんど有しておらず、今年度又は次年度の会計実務を変更したり、実務への影響があるものではない。したがって、多くの公益法人、移行法人の実務担当者からは、特に2 年度報告書を読んで把握しておく必要
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.