【会計バカ一代】其之五十 公益認定の取消しはマイナス要素か!?

古市雄一朗
(大原大学院大学准教授)

畑違いの研究でも会計学の信念を貫く!!

 筆者はこれまで、企業の会計を出発点に非営利組織の会計を主たる検討の対象としてきた。特に学校の会計を中心に研究を行ってきたが、いつの間にかその研究の範囲は広がり、他の分野の会計についても研究する機会を持つようになった。
 研究と言うのは面白いもので、自分で主たる研究領域を設定していても、知り合いの研究者から声を掛けられて様々な分野で勉強の機会を与えていただいたりし、思っても見なかった分野について研究するようになる事も珍しくない。
 最近で言えば、大阪にある国立民族学博物館の先生方とご一緒する機会があり、文化人類学という自分にはこれまで見た事も聞いた事もない分野の先生方と交友を持ち、共著の執筆までさせていただいた事もある。
 な
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.