【非営利組織の経営講座】
第34回 ▼ 第2部 非営利組織のガバナンス(その12)

堀田和宏
(近畿大学名誉教授)

 第4章 ノンプロフィット・セクターのガバナンス

5 非営利組織のガバナンス概念の拡張

 営利企業と同じく非営利組織においても、ガバナンスの中心はガバニング・ボード(特に理事会)を中心に展開されてきた。信託されたトラスティとしての「理事会の構造と機能」―その中でも機能面の戦略的リーダーシップ、パブリック・アカウンタビリティのあり方―が中心であった。この限りでは、営利企業の取締役会ガバナンスと同じレベルであり、理事会と取締役会の構造と機能について両者の相違が注目されたにすぎない。しかし、今日では、非営利組織ガバナンスは、このような理事会中心のガバナンスから、ガバニング・ボード(評議員会あるいは理事会)と経営者の間、経営者と専門職集団の間などの組織内部における細部の多様
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.