【そうだったの!? 生活習慣病の真実】第4回 どれくらい歩けばよいですか

座りっぱなし

 現代人の生活は、座りっぱなし。座りっぱなしが糖尿病から死亡に至るまでのあらゆる問題とつながりがあることは、数多くの研究で示されています。では、なぜ座りすぎは罹患リスクや死亡リスクを上げるのでしょうか?座っている状態は脚の筋肉がほとんど動きません。座って脚の筋肉がほとんど動かない間は第二の心臓といわれるふくらはぎの活動が停止状態となります。酸素や栄養を送る血流がふくらはぎで滞ってしまいます。その状態が長引くほど、いわゆるドロドロ血といわれる状態になって、血液の塊である血栓ができやすくなります。
 血栓は、がんを含むあらゆる病気に多く見られます。ふくらはぎだけではなく、太ももも健康維持に欠かせません。太ももには、人体で最も大きい大腿四頭筋という筋肉があります。太ももの筋肉が活動
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.