JOCの追徴課税に見る
収益事業課税リスクの盲点

上松公雄
(うえまつ きみお 大原大学院大学准教授・税理士)

はじめに

 本稿の目的は、(公財)日本オリンピック協会(以下、JOCという。)が課税当局から申告漏れの指摘を受け、修正申告を行い、追徴税額を納付した旨の各種報道を受け、本件からの示唆に基づき、①法人が陥りやすい税 務上の誤りとその対策、②税務調査への適切な対応方法と修正申告を整理する点にある。 

前提事項の確認

 まず確認すべき事項として、次の 2 点がある。   第 1 に、本件を巡る報道は具体性に欠けている点である。  複数の報道において、申告漏れの概要について、対象となった事業年度は令和元(2018)年度から令和 4 (2022)年度までの5 年度であるとする点及び申告漏れの主因が、マーケティング収益
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.