【会計バカ一代】其之四十二 会計の目的とは!!

古市雄一朗
(大原大学院大学准教授)

お金はどこにでも付いてくる!!

 本連載においては、「会計は森羅万象を司る学問である」という、まさに会計の魅力に取り憑かれた者にしか発する事のできない名言(迷言)がしばしば登場する。筆者の会計バカというキャラ設定も込みではあるが、会計とは煎じ詰めればお金の計算であり、無人島で一人暮らしを始めない限り、お金の計算と無関係に日常生活を送る事は難しい。小学生の頃に「遠足のおやつは300円まで(バナナはおやつに含まない。)。」と教わった事に始まり、大人になれば、本当に原稿料は振り込まれるのか?悪徳編集者に中間搾取されていないか?間違って1 桁多く支払われる事は無いのか?などお金の悩みは尽きない。
 企業は、常に利益の獲得を目指しているし、公益法人やNPO法人も、今後も継続して活動を実施
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.