【解説】出捐金の取扱いと留意点

渋谷幸夫
(しぶや・ゆきお 全国公益法人協会特別顧問)
  • CATEGORY
    • 法人運営・出捐金
  •  対 象 
    • 公益法人・一般法人
目  次

Ⅰ 出捐金とは何か

1 公益法人の設立と出捐金との関係

 新しい法人制度に移行する前、すなわち改正前の民法の規定に基づき設立された公益法人(改正前民法34条の規定に基づき設立された社団法人・財団法人)について、特に地方公共団体において戦後増大する行政事務の処理に対応するため、法人の設立に必要とされる財産の一定額を出捐し、財団法人の設立に積極的に関与した経緯がある。いわゆる「行政委託(補完)型公益法人」の幕開けである(2005年頃)。そして、出捐金相当額は財団法人にあっては基本財産としてその運用益をもって当該法人の事業運営を行うことにするなど、出捐金の占める割合は重要なものと理解されてきた。そして、出捐金である基本財産の処分等については
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.