【違いが分かる大人のための社会学講座】
第3回 エスカレーターの「正しい乗り方」を通して見る日本社会の不思議

藤島寒月
(フランス現代社会学者)

 エスカレーターに乗るとき、関東では「右空け・左立ち」、関西では「左空け・右立ち」とは、よく聞く都市伝説の1つだ。今回は、この都市伝説を通して見えてくる日本社会の不思議について考えてみたい。

「左空け」優占は関西のみ

 事実の確認から始めたい。Jタウンネットが、エスカレーターに乗るときの「片側空け」の分布を調査している。2014年の調査でやや古いが、筆者の知る限り最も網羅的で詳細だ。その概要をまとめたのが下の表である。
表:「片側空け」の分布出典:Jタウンネット

 関東では「右空け」が7割を占め、優占ルール(dominant)となっている。全国でも「右空け」が6割弱で、関東とほぼ同様の傾向を示している*。このことから、ごく大ざっぱにではあ
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.