【解説】育児・介護休業法の改正と社会保険料の徴収事務

本間あづみ
(ほんま・あづみ 特定社会保険労務士)
  • CATEGORY
    • 労務解説
  •  対象法人格 
    • 公益法人・一般法人
  •  対象職位 
    • 職員
目  次
  • I はじめに
  • Ⅱ 被保険者の要件
  • Ⅲ 被扶養者の要件
  • 1 収入要件と扶養の範囲
    2 被扶養者に該当しない者と要件Ⅳ 保険料の計算方法と主な手続1 標準報酬月額と保険料率2 標準報酬月額の決定と改定Ⅴ 保険料の控除と納付Ⅵ 産休・育休期間中の保険料免除の特例産休や育休に関する社会保険の特例Ⅶ おわりに

    I はじめに

     本年 4 月より段階的に育児・介護休業法の改正が行われていますが、これに伴い社会保険料の免除要件についても本年10月より改正が行われます。このような法改正については、給与計算・手続などの実務においてもミスが起きやすいため注意が必要です。そのため本稿では、社会保険の仕組みについてより理解を深めていただき、社会保険料の徴収事務が正しく行われる為の注意点について解説します。
     社会保険には、病気・けがに備える「医療保険
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.