【非営利組織の経営講座】
第36回 ▼ 第2部 非営利組織のガバナンス(その14)

堀田和宏
(近畿大学名誉教授)

 第4章 ノンプロフィット・セクターのガバナンス

7 社会レベルのガバナンス

 今回は、外部環境から働く組織外の社会レベルのガバナンスについて説明する。
⑴ 市場ガバナンス
 営利企業の理論に関する経済学の研究では、取締役会の経営者行動監視のほかに、市場のガバナンス・メカニズムに関するより基本的なレベルのガバナンス概念に取り組んできた。無論、非営利組織においても、市場ガバナンスが皆無というわけではない。非営利組織に対しても市場化や準市場が形成され、市場の規制ガバナンスが適用されたことが、非営利組織ガバナンスを複雑にしている。
 公的サービスの民間委託による市場化、医療・介護・保育などのソーシャルサービスにおける準市場化にも市場ガバナンスが働いてい
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.