【NEWS】家賃支援給付金の申請がスタート公益・一般法人も対象

 7月14日、中小企業庁は家賃支援給付金の申請受付をスタートした。
 家賃支援給付金とは、新型コロナウイルス感染症を契機とした5月の緊急事態宣言の延長等により、収益が急減した事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減することを目的としたもの。
 給付の対象となる法人は、①2020年4月1日時点で⑴資本金の額又は出資の総額が、10億円未満であること又は⑵資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること、②2019年12月31日以前から事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること、③2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響などにより⑴いずれか1か月の事業収入(売上)が前年の同じ
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.