【解説】『スポーツ団体ガバナンスコード』と公益法人制度との関係【後編】

梅本寛人
(うめもと・ひろと 弁護士)
  • CATEGORY
    • 法人運営・ガバナンス・コード
  • 対象法人格
    • 公益法人・一般法人
  • 対象部署
    • 総務
  • 対象職位
    • 役員・管理職
目  次

Ⅱ NFコードの13個の原則への対応

(承前)
原則3 組織運営等に必要な規程を整備すべきである。⑴ NF及びその役職員その他構成員が適用対象となる法令を遵守するために必要な規程を整備すること⑵ その他組織運営に必要な規程を整備すること⑶ 代表選手の公平かつ合理的な選考に関する規程その他選手の権利保護に関する規程を整備すること⑷ 審判員の公平かつ合理的な選考に関する規程を整備すること 対応:コンプライアンスあるいはガバナンス上の諸問題を検討する委員会がこの「コンプライアンス委員会」であり、委員には弁護士、公認会計士、学識経験者等の専門家を置くことが推奨されている。この委員会を設置する場合は、役割・権限等を明確に規程において定め、理事会との適切な
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.