【解説】消耗品と備品の判断基準Q&A

多田恭章
(ただ・やすあき 税理士・社会保険労務士)

はじめに

 日々の経理業務の中で、「消耗品費」として費用計上するか、「器具備品」として資産計上するか判断に迷うケースも多いと思われる。
 消耗品費として計上すれば費用となるのに対し、器具備品として資産計上した場合は、その器具備品の耐用年数に渡り減価償却費を通じて費用化される。
 このように消耗品費とするか、器具備品とするかによって費用化される時期が異なることとなる。
 また、器具備品とすべきものを消耗品費として費用計上してしまったために、税務調査で指摘され、修正申告が必要となったケースも見受けられる。
 このように両者を明確に区別することは重要である。

Ⅰ 消耗品費と備品の判断基準(原則)
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.