万が一、過年度遡及会計を適用することとなった場合の対処法

竹内啓博
(たけうち・ひろよし 公認会計士・税理士)

 過去に遡って財務諸表を修正するのはベテラン担当者であっても、あまり経験のないことだろう。ここでは過年度の会計処理で誤りを指摘され、訂正を求められた時、慌てないためにも、「過年度遡及会計基準」の必要事項を、設例を交えながら解説する。

はじめに

 会計監査や税務調査の際に過年度の経理処理の誤りを指摘され、過年度の決算を遡及的に修正しなければならなくなった場合、何をどのように修正すればよいのか、ベテラン経理担当者であってもこれまで一度も遡及修正等の実務を行った経験がなければ突然の事態に慌ててしまうかもしれない。
 このようなときに押さえておきたい会計基準が「会計上の変更及び誤謬(ごびゅう)の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成21年12月4日 企業会計基
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.