公益法人への情熱 全国公益法人協会と歩んだ50年 渋谷幸夫自伝
第4回 「公益性」の概念

大役のオファー

研究報告の依頼
 平成10年10月 2 日開催の「第 2 回 公益法人研究学会」(近畿大学で開催)で、「公益性」の概念について研究報告をしてくれないかと、川崎さんから依頼があった。
 突然の話なのですぐには返事はできなかった。「何故、私がこんな大きなテーマについて報告をしなければならないのだろうか」。大役のオファーであるため不思議に思った。民法34条に絡む「公益」の解釈については、一筋縄ではいかない問題である。私が報告者でよいのか大いに逡巡した。
 しばらくの間、承諾をするかどうか考えあぐねているうちに、後日、川崎さんから「もう渋谷さんに決めたから頼むよ」と言われてしまった。
 正直驚いたが、それほど期待を寄せていただけている証でもある。
 半ば成り
                           

この記事は有料会員限定です。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.